キッチンの棚を稼働棚にしなかったことで、家電サイズが限られてしまった

我が家は注文住宅なので、棚の高さや広さなども全て自由設計でした。

キッチンは料理を主にする私が設計の担当をしました。

キッチンの背面に食器棚、冷蔵庫を置き、その横に電子レンジや食パンなどのストックを置く棚を作りたいと考えていたのでその設計を考えました。

キッチン以外のお風呂場の棚や玄関入ってすぐのシューズクローゼットの棚は可動式にしたのにも関わらず、何を思ったのか、キッチンの棚だけは稼働棚にしませんでした。

一番下にゴミ箱を置き、その高さに合わせて1段目を設定。その上に残り4段棚を作りました。

引っ越しして、キッチン家電を置いて見て初めて発覚したのですが、炊飯器、電子レンジ、オーブントースターの高さも幅もギリギリ。

元々持っていたものである程度高さなどを測って棚を作成したのですが、思った以上に窮屈なサイズ感になってしまいました。

元々持っていった電子レンジが壊れてしまい、買い換える時に更に問題が発覚しました。

元々持っていた電子レンジは結婚して初めて買ったものだったので小ぶりで最低限の機能しか付いていなかったのですが、今回購入したかったのは温め機能だけではなくノンフライ機能などの調理機能が付いた電子レンジでした。

そうなると、やはりサイズが大きくなるのですが棚に入るサイズが限られているため一番欲しい商品を買えず、置けるのと優先で商品を選びました。

何故稼働棚にしておかなかったのか、わずかな金額の差だったのに本当に後悔している点です。

続きはこちら>>>>>花見川区 注文住宅