クローゼットの扉を折り戸にして、扉の前に家具を置けない

折り戸は手前に扉が折り曲がってくるので扉の前には家具類を置けない。

置いてしまうと折り戸が開かなくなってしまう。

クローゼットの正面に家具類を置く必要性はないがコーナー部分であれば、小さな本棚やタンスを置くとちょっとした便利に使える。

また、近くにベッドを置く場合も、ある程度の距離を空けないと開き戸がベッドに当たって稼動域に制限がかかり十分に開く事ができなくなってしまう。

さらに手前に扉が開くので開く本人もある程度後ろに下がらないと開けにくく不便に感じてしまう。

パンフレットを閲覧した時に開き戸より、折り戸の方がデザイン的に見栄えが良かった。

扉の開けやすさや開けにくさなどを考えていなかった。

クローゼットの見栄えを重視してしまい機能性を考えていなかった結果、折り戸を使ってしまった。

引き戸にすれば、扉の前に家具が置ける。

引き戸の場合も同時に全面を開く事ができず、最低でも扉一枚分はクローゼットの開口部が隠れてしまう。

その為一長一短ではあるが、扉の前に家具類が置けないデメリットよりは良いように感じる。

後は折り戸の方が構造的に複雑になってしまうので接合部のビスの緩みで開閉に支障をきたすトラブルも多いので避けるべきであった。

参考サイト:注文住宅 横浜市南区